2017年9月14日木曜日

YYさんの「鳳凰図」祝完成

木曜日・曇り(夜 雨)

2階のアトリエ、久々に大人たちの(静かな)授業がありました。



初めての肉筆画にトライ中のHTさん、続きの描画を行いました。

HTさん、2階アトリエでの描画は初めてです。
中央写真は、前回の下地色の様子。右写真はマスキング後、フロッタ―ジュを施した様子。

HTさん、今日は主題のオニユリとアゲハ蝶、それに背景の空の部分をマスキング・シートでコート。
その後、ドライ・ブラッシュ気味の灰緑色3種の絵具にて、山と草地をフロッタ―ジュしました。
筆の細かい毛先を粗目に画面上に叩き、山の樹木や草地の草の葉を幾重にも重ねて表現しました。
その効果もあって、御覧のような直描きでは出せない偶然性を利用した密度ある質感を得ました。
次回の続きが楽しみです。

* * *

YYさん、前回より始めた背景の星々の描画を行い、長かった製作のいよいよの完成を目指しました。

細かな星々の描写に集中するYYさん。

 YYさんのアレンジ模写「北斎の鳳凰図」(アクリル画)が本日めでたく完成しました。

今日は、大き目の金色の星の仕上げと、奥にある小さな星を銀色絵具で加え、背景部の仕上げとしました。
長期間に渡る製作でしか表現が成し得ない迫力と繊細かつ密度ある想像力を誘う宇宙世界が、誕生しました。
鳳凰の色彩を自由に改変したことに加え、その背景も深い青紺にして金銀の星々を奢ったのも良い発想です。
我が国の伝統的な装飾絵に新たな命が吹き込まれ、ダイナミックかつカノン(規律)ある大宇宙が秀逸です。
 次回、最終的な見直し等を行った後、サイン入れをしてその仕上げとします。
長期にわたる製作が導いた秀作・装飾絵の完成、おめでとうございます。

( YYさん、待望の長期休暇での旅行、楽しんで来てください。)

* * *

RiSちゃん(小6)、前回から始めたシークレット絵(水彩画)の続きを行いました。

RiSちゃん、今日は前回の下地にボカシ調子などを加え、立体的になりました。
細部などを描き込めば仕上がりも目前でしたが、残念ながら時間切れとなりました。
次回の仕上げと、ブログ上でのその作品の公開が楽しみです。

* * *

油絵を製作中のNtちゃん(小6)、続きの作業を行いました。
Ntちゃん、今日は顔や手の肌色を塗り、その後、髪の毛の下地となる濃灰色とバイオリンのこげ茶のパーツを描きました。

更にバイオリンの下地茶色を塗る寸前でしたが、トラブル発生。続きを次回としました。
そのトラブルとは筆洗器の灯油が誤って周囲に飛散し、その片付けに時間を要しました。
RiSちゃんの帽子もその巻き添えとなり筆者が洗剤で何度も洗浄、何とか収拾しました。
片付け、お疲れ様。次回の描画に期待しましょう。