2017年6月4日日曜日

久々帰国KM君のヒョウ完成

日曜日・快晴・涼風
間近に迫る梅雨の前の貴重な春の1日です。



外国での一家移住を終え帰国したMS君(小5)、チョー久々の登場です。
今日は2コマ授業で、「トラック側面のコンテナ絵」の応募絵を描きました。

 すっかり成長して大きくなったKM君。

さて、そのKM君、応募絵のモチーフに暮らしていたアフリカ「ヒョウ」の絵を描きました。
白銀雲浮かぶ青空の下、草原(サバンナ)を駆ける豹が活き活きと描かれ、その疾走感が堪りません。
草原に映った豹君の影も良い感じです。
おめでとう。

応募絵完成を遂げたKM君、残り時間を利用してプラ版作りも行い、2枚を仕上げました。
出来立てホヤホヤ(焼き付けで熱々)を嬉しそうに持ち帰りました。

* * *

I姉妹、前回から始めた作品の仕上げを行いました。


姉のMIちゃん(小4)、花の写生「瓶花(へいか。筆者仮称)」が、本日見事に完成しました。
 ねじれた透明なガラス瓶に寄せられたアジサイなどの小振りな花が、上品に小気味良く描かれました。
小さな花々とMIちゃん独特の絵心ある筆致とが混じり合って、素晴らしい作品の誕生となりました。
おめでとう。

* * *

妹のNIちゃんもまた前回から描き始めた自由画の彩色を行い、めでたく仕上がりました。
但し残念ながら、撮影担当の筆者、うかつにも完成済み作品を撮り損ねてしまいました。
作品お借りできれば、後日 撮影の上、あらためてアップしたいと思います。すみませんでした。

* * *

MiMちゃん(小4)、今日も妹と共にやって来ました。


MiMちゃん、前回、指導筆者の勧めで描いた「ポピー」を彩色し、めでたく仕上げました。
そのポピーたちのそれぞれのニュアンスを筆者撮影のプリントを参考に、丁寧に色分けを行いました。
濃淡あるピンクやオレンジ味のあるもの、紅がかった花びらなど、しっかり描き分けて完成しました。
水彩画らしい瑞々しい色と光が、春の爽やかさを感じさせる、見応えのある力作の誕生となりました。
おめでとう。

* * *


前回、アトリエ・キッズ・デビューを飾ったYuZちゃん(小1)、今日も水彩画を描きました。
絵具と水の関係や筆運びなどを習いながら、図鑑通りの色形を紙面に写し取ることが出来ました。
遊びの延長の中から、色々な物の見方・描き方を覚え始めたYuZちゃん、次回も楽しみです。