2017年3月25日土曜日

キッズ3名の快作・動物絵

土曜日・晴れ

KiTちゃんとMItちゃん(共に小2)、ママたちと共に描画を楽しみました。



KiTちゃんが選んで描いたのは「クサガメ」で、どこも描き損じることもなく、ほぼ一筆で正確に形体取り。
その上に微妙な色合いをした固有色を乗せ、甲羅の模様などを不透明な白絵具で精密に描写しました。
少し頼りなげな目の表情と手足の仕草が可愛らしい「カメさん」の誕生となりました。

* * *

MiTちゃんが選んだのは可愛らしい「シマリス」で、図鑑の図版より更に可愛らしく仕上がりました。
手にした木の実、今食べるべきか、保存して後で食べる方が良いのか、迷っているような表情が良い感じです。
その葛藤が、両手・両足に表れているような「リス君」の固まった表情が活きた水彩画の誕生となりました。

* * *

 前回、素晴らしい「葉付きライム」のデッサンを仕上げたKiTちゃんママのLTさん、今日はアゲハ蝶に挑戦です。
学生時代、美術部だったと言うLTさんだけあって、確かなデッサン力で蝶々や花を端正にしっかり線描しました。
今日はその下地として淡黄色と花の花粉のレモン色が施され、次回の本格的着彩の準備と言うことになりました。
次回の彩色がとても楽しみです。

* * *

MiTちゃんママのNTさん、前回から描き出した「花と若葉のヒース」の仕上げを行いました。
NTさん、今日は前回施したそれぞれの固有色に、更に細部の繊細な調子やニュアンス等を加えました。
その効果もあって、瑞々しくて素晴らしい装飾水彩画の誕生となりました。
その画面からは春の到来のような明るい陽光が感じられ、かつ生命の輝きをも表された作品となりました。

原画を額装したり、コピーしてカードやカレンダー仕立てにしても良い雰囲気になると思います。
その観賞をしながら、春の日のアフタヌーンをみんなで楽しみましょう。おめでとうございます。 

* * *

今朝ケガをしたYumちゃん(小1)、それにもめげずに描画を楽しみました。


Yumちゃん、「今日はチーターを描くんだ!」と決めて図鑑に向かいましたが、傍らにあった「虎」に急遽 変更。
Yumちゃん、俊敏なチーターよりも更に逞しい虎の姿を、しっかり力強く描き切りました。
その勇ましいマッチョな姿や毛色・柄模様を水彩絵具で正確に描き写し、完成させました。
Yumちゃんならではのデッサン力・意思が活きた快作となりました。

 また前回描いたネコちゃんの絵、背景に施した薄紫色の毛布が、ネコちゃんの存在感を弱めていました。
指導の筆者、そこでその背景色を不透明・白絵具にて覆い、ネコちゃんだけの姿に修正を施しました。
この方が主人公のネコちゃんの表情や姿態が活き、Yumちゃんの持つ本来の良さも見えてきます。
( 途中でうまくいかなかった場合は、思い切って元に戻すために塗りつぶすことも一方法です。)

Yumちゃん、また花(バラ9の絵も描き始め、次回彩色を行うことになりました。
こちらもまた小品ながら、確かな観察力が活きた線描画となりました。
次回の彩色も楽しみです。

「オマケ・スナップ」

 教室授業が終わってママ待ちのYumちゃん、階下アトリエでミニ箏や電子ドラムをも堪能しました。
バレエで鍛えた集中力や表現力、これらの演奏にも充分 発揮されました。その将来が楽しみです。
お疲れ様。

アトリエ冥利に尽きる春の1日でした。