2015年9月3日木曜日

今日も宿題絵、続々完成

8月22日・土曜日
久々の晴れ・暑し
このブログは、9/3にアップしました。

夏休みも残り あとわずか。アトリエは宿題作りのキッズたちで賑わいました。

Mツインズ(小6)、夏休み宿題ポスターの仕上げにやって来ました。

 YoMちゃんのポスター「バード・ウィーク」。彩色を終え、本日めでたく完成しました。
今日は中央のヤマセミや嘴にくわえられた魚など、細部を中心に筆が入れられました。
ヤマセミが飛び出した瞬間の飛沫なども、迫力たっぷりにシンプル・リアルに表現しました。

* * *

 一方のSMちゃんの「動物愛護」ポスターも、本日めでたく完成。
こちらもポスターにふさわいいシンプルな画面が美しい出来となりました。
SMちゃんの持ち味が活かされ、クリーンさと可愛らしさが融合した快作となりました。

* * *

久々NWちゃん(小6)、夏休み宿題ポスター作りを開始しました。
NWちゃん、選んだテーマ「自然保護」のモチーフと構図決めを行い、彩色を始めました。
次回の続きが楽しみです。

* * *

 YAちゃん(小6)、制作中の宿題ポスターの彩色を続けました。
今日はモデルとなったカモノハシを中心に筆を入れ、全体の雰囲気が明確になってきました。
次回の仕上げ(予定)が楽しみです。

 * * *

前回、宿題の動物愛護ポスターを仕上げたYYちゃん(小5)、今日から新作に着手しました。

 今回の新作・宿題は自由画で、YYちゃん、自らが参加している和太鼓の絵を描き出しました。
今日はその構図取りと、下地となる背景色などを彩色しました。
次回の続きが楽しみです。

* * *


夏休み宿題ポスター制作中のSH君(小4)、その続きを行い、画面の各部に筆を入れました。
観覧車とそれを楽しむ多くの人達が具体的になり、賑やかさが出てきました。
次回の続きが楽しみです。

* * *

妹のYちゃん(年長さん)の「動物園」も、前回に続き、今日は背景の黄緑色を塗り込めました。
しっかり塗られたベタ塗りの効果もあって、動物園の華やかさが一段と増した明るい快作になりました。

* * *

KMちゃん(小3)、制作中の宿題・自由画の続きを行いました。
今日は桜の木の複雑な枝振りや花などを除け塗りして、背景の山の緑を仕上げました。
加えて中景の緑やその幹、桜の濃い桃色も加筆しました。
次回の仕上げ(予定)が楽しみです。

* * *

 S姉弟も夏休み宿題の仕上げにやって来ました。

MSちゃん(小3)の宿題「緑の保全・育成」ポスターも、本日めでたく完成しました。
夜の内に新芽に水やりをする妖精たちの姿を中心に、ファンタジックに表現されました。
画面の何処を見ても見飽きず、更に物語が出て来る素晴らしい秀作の誕生となりました。

* * *

弟のAS君(小1)の同一テーマのポスターも、本日めでたく完成しました。
「緑の中で遊ぶ」と題された絵、多くの生き物たちと緑に囲まれた明るい力作の誕生です。
両手を上げて喜ぶAS君(中央)の姿や、水の中の生き物たちが印象的です。

* * *

前回、体験授業で早速の宿題ポスター作りを始めたRH君(小2)、その仕上げに取りかかりました。
  
RH君の宿題「防災啓発」ポスターも本日めでたく完成しました。
頭上の黒雲、光る落雷、うねる鉄砲水など、豪雨による土砂災害が迫力たっぷりに表現されました。
最後に描き加えた横殴りの雨も効果的で素晴らしいポスターとなりました。

ポスター完成でノリノリのRH君、魚図鑑から海の生き物たちも水彩で描きました。
こちらもまたポスター同様、RH君ならではの描写力が光り、活き活きとした魚たちの姿が出現。
年齢を超えた秀作水彩画となりました。

* * *

前回、体験授業で夏休み宿題のポスター作りを初めてHツインズ(小1)、その続きを行いました。

木に飛びつくモモンガの姿を描いたSH君、今日はモモンガの毛色や樹木を彩色しました。
そして更に上部の「動物愛護」ポスターのメッセージ文字まで加筆しました。
作品のイメージ、随分はっきりしました。
次回の続きが楽しみです。
* * *

一方、木の上のヒョウやカメレオンを描いたYH君は、その体の色や樹木などを彩色しました。
次回は空中の虹やその上のメッセージ文字などをを彩色する予定です。
楽しみですね。


夏休み宿題の自由画やポスターが続々誕生しています。
描きたい絵だけではなく、課題のテーマに苦労する子も多々います。
関心のない課題をこなすことも大事なのは承知しています。
が、そのことで「描画」が嫌いになる子も少なからず存在します。
「選挙」「下水道」「公害」等々・・・。
大人の私たちですら苦労・往生するテーマが目白押しで、首をかしげてしまいます。

「自由画」が選べない学校も多く、絵が嫌いになる動機作りにもなっているのでは?
夏休みになると、いつも考えさせられてしまいます。

By T講師