2016年8月27日土曜日

追い込み宿題絵、続々完成

土曜日・曇り のち 一時雨

YYさん、製作中の和柄の自由模写を続けました。

YYさん、前回から開始した彩色を行い、第1色目の黒を仕上げ、2色目の黄土色に着手。
美しい楓などの形体が現れ、コントラストの雰囲気も良い感じですが、続きは次回となりました。
楽しみです。

* * *

NAちゃん(小6)、前回から始めた宿題絵の仕上げにやって来ました。


NAちゃんの夏休み宿題・応募自由画「合掌作りの家で」が、2コマ授業で本日めでたく完成しました。
NAちゃん、今日は襖や障子・御座などの室内を描き、囲炉裏の炭火もしっかり表現しました。
伝統的な趣のる和室でくつろぐカップルや、縁側で表の景色を楽しむカップルが良い雰囲気です。
そして光と影を描き足し、臨場感豊かな水彩画の誕生となりました。想像力を掻き立てる画題も良いですね。
完成、おめでとう。

* * *

NFちゃん(小6)もまた宿題・自由画の仕上げに取りかかりました。

NFちゃん、土台となる前回の背景に、今日は各部の描き込みを行いました。
その効果もあって、登場する人物やテーブル上のお皿などが、丁寧にカラフルに描きこまれました。
完成までもう一息です。次回(明日)の仕上げが楽しみです。

* * *

SH君一行のSちゃん(小6)、2コマ授業で宿題・自由画の仕上げに取りかかりました。

前回、線描画を終え、彩色を始めたSちゃん、今日はその続きを行い、各部に丁寧な色を施していきました。
海上で揺れる帆船の様子が克明に描かれ、船べりの波しぶきや乗組員の様子がリアルが圧巻です。
その張りつめた緊張感に、ちょっと斜めに傾いた水平線が効果的です。
細部の描写は自宅で仕上げることになりました。
(少々気が早いですが)完成、おめでとう。

 * * *

Sちゃんの弟のT君(小5)もまた自由画の仕上げに取りかかりました。

T君の宿題・自由画「スイレンの上のアオガエル(仮称)」が、本日めでたく完成しました。
主役のカエルの細部を描き込み、そのカエルが狙うトンボや、更に水中の魚なども描き足しました。
描かれた画面のその前後の動きや物語性を想像させる抒情ある水彩画作品の誕生となりました。
完成、おめでとう。

* * *

SH君(小5)、製作中の自由画の仕上げに取りかかりました。

SH君の夏休み宿題・4応募自由画「水面のトラ(仮称)」も、本日めでたく完成しました。
中央でこちらを睨むトラの表情が大迫力で、その背後のおサルさんの様子もユーモラスで良いですね。
こちらもまた物語性を感じさせる水彩画の誕生となりました。
完成、おめでとう。

SH君、またその前に描いていたテニスの絵にも着手、めでたく完成まで漕ぎ着けました。
SH君、トラの絵でエネルギーを使い果たしていたにも関わらず、更に根性で彩色を加えました。
こちらもまた動きが想像できて、リズミカルな画面が良いですね。
2作目の完成、更におめでとう。
お疲れ様。

* * *

M姉弟もまた宿題絵の仕上げと新作の描画にやって来ました。

姉のKaMちゃん(小5)、宿題の「校歌の絵」を、本日めでたく仕上げました。
大山や川に囲まれ、校庭に立つ桜の大木を囲む子供たちの様子が、活き活きと描かれました。
円弧を描いたその俯瞰パノラマ構図が、見る者に共感を覚えさせる素晴らしい作品となりました。
完成、おめでとう。

製作意欲旺盛なKaMちゃん、完成の歓びも束の間、新作も開始。
「芋掘り」の様子が線描・構図取りされ、彩色まで開始しました。
残りの描画は自宅で続けることとなりました。

* * *

前回、飛行機旅行の絵を仕上げた弟のHM君(小2)、今日も新作を始めました。

HM君の新作自由画は「川遊び(課題)」で、今日は構図決めから彩色まで、一気に仕上げました。
近所の川(恩曽川)での鯉への餌やりや、カモなどの水鳥などの様子がそれこそ活き活きと表現されました。
川べりや水草の描写もさることながら、背景の大山やその頭上の夕焼けが、絵画ならでは素晴らしい表現です。
お姉ちゃんのKaMちゃんやHM君の足元の集まってくる魚影もほのぼのとした見事な作品の誕生となりました。
完成、おめでとう。

* * *

RH君(小3)、夏休み宿題の力作「ふるさと」の仕上げにやって来ました。


RH君の夏休み宿題絵「ふるさと」が本日めでたく完成しました。
背景は花火の炸裂する夜空、下は昼間と言うユニークな構図に、動植物の密度の濃い情景が細やかに描かれました。
故郷に生息する鹿やイノシシなど、また川面(小鮎川)に浮かぶ魚影、校舎を背に遊ぶ子供たちの姿・・・。
頑張り屋なRH君ならではの、情感に満ちた素晴らしい水彩画の誕生となりました。
完成、おめでとう。


完成に ご満悦のRH君。

* * *

「講師 後記」

長かった夏休みもあと僅か。
アトリエ・キッズたちの宿題絵も、そのほとんどが完成。自宅へとめでたく持ち帰られました。
様々なテーマのポスターや自由画など、描かれたテーマやモチーフ、手法や見方も様々でした。
みんなの力作が人々の目に触れて、その人々の印象に残っていくことを想像すると、楽しいですね。
ただの大きな白い紙が、たった一つの表現作品としてこの世に誕生したのですから。
アトリエとしてもその助となり、作意品作りに立ち合えて、また関われて嬉しい限りです。

そんな中、あるキッズの言葉が印象的でした。
「2学期になってポスター提出しても、何処にも貼られたりはしないんだよ。」
「先生が集めて、しばらくしたら、採点されて、ただ返却するだけなんだよ。」

宿題の採点や科目としての評価も大切ですが、作品も立派な個人の表現物です。
是非、飾って人目に触れる機会を作っていただければ有り難いと、筆者は思います。
ある場所に展示されることで、作品には別の命や価値が吹き込まれ、作者本人も刺激を受けます。
その時、得られた印象や感情は子供たちに再びフィードバックされ、新たな次元へと感性を誘います。
もちろん、夏休みの思い出としても、自らの努力の足跡や結実を焼き付けることにもなると思います。

今後、アトリエでも機会と壁面を作り、そんな作品の表現の場にしたいと、あらためて思いました。

By 講師T

(完成直前のキッズも若干います。明日はキッズお休み日ですが、その完成に向けやって来ます。がんばれ。)